亜鉛とは

亜鉛は人の体に必要不可欠なミネラルの一つです。人の体は95%が炭素と水素、窒素、酸素で構成されていて、残りの5%に16種類の元素が含まれています。その16種類の元素は、人の生理機能にかかわるミネラルで、亜鉛はその中の一つです。

'); define("P_END", '

'); ?>

亜鉛の働き

亜鉛は人の体に存在する300種類以上の酵素を活性化する働きをしています。免疫力の保持、成長ホルモンの機能維持や皮膚の健康維持、味覚・嗅覚の保全、唾液の分泌やアルコールの分解、老化防止などの、様々な働きがあります。

'); define("P_END", '

'); ?>

男性の亜鉛不足

亜鉛は男性にとって性的能力に関するミネラルだといわれています。これは亜鉛が精子の形成に関連していて、亜鉛が極端に不足していると、精子が減少して生殖能力の低下を招いてしまうといわれています。

'); define("P_END", '

'); ?>

女性の亜鉛不足

亜鉛亜鉛はたんぱく質の分解や合成に深くかかわっています。たんぱく質は肌や爪などの細胞の元になる成分です。たんぱく質の分解・合成を亜鉛がスムーズに行うことで、古い皮膚の細胞が新しい細胞に生まれ変わることができます。

'); define("P_END", '

'); ?>

亜鉛が不足すると、古い角質が残ることで肌の弾力が失われたり、しみが消えないということにもなりかねません。つまり、亜鉛が不足しないように心がけておけば、肌を健康な状態で維持できる可能性も高いということになります。

'); define("P_END", '

'); ?>
 

ページの先頭へ